WiMAXをありとあらゆる切り口から徹底比較!

当サイトは、本当にすばらしくて得する特典が盛りだくさんでつけられているプロバイダを比較しています。

当サイト管理人の私がさまざまなネット回線を使いこなしてきた経験を踏まえた上での本当のメリットデメリットを掲載していきたいと思います。

WiMAXはプロバイダを変更したから回線スピードが変わったりすることもありません。

一番見なければいけないポイントとしては、キャッシュバックの割引などを含めた合計金額から導きだした実質的な月額料金です。

圧倒的な口コミの良さとキャッシュバックの「VISION」

今現在一番おすすめのWiMAXプロバイダはVISIONというプロバイダです。なぜおすすめかというと以下の点があげられます。

1,特典を駆使することにより実質的な月額料金が一番安く使える

2,キャッシュバックキャンペーンによりかなり得する

3,WiMAXの端末をすぐに発送してもらえるからすぐに回線を使える

4,最新の端末が無料で使える

5,乗り換えるときにお得になる

上記のポイントを簡単に説明すると、キャッシュバックが豊富で、端末も無料で使えて、実質的な月額料金がとにかく安く使えるというメリットがあります。

キャッシュバックの受取もVISIONの場合は翌々月となっていて確実に取り忘れることなく受け取ることができます。

通常料金が元々安い、VISIONは他社からの乗り換えで解約料や違約金を代わりに支払ってくれます。

なので、今すぐ他の光回線やモバイル回線から乗り換えることができます。

どういう視点でプロバイダーを選べばいいのか?

WiMAXプロバイダをざっと調べてみるだけでも10や20はざらにあります。

WiMAXのプロバイダの宣伝などを調べてみると、どこが一番メリットがあるのかわかりにくい構造になっています。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXのプロバイダを調べてみると何十社もあって、いろんなテクニックやマーケティングを使って顧客を獲得しようと必死にバトルを繰り広げています。

プロバイダが宣伝している売り文句は様々なものがあって、初めてWiMAXを検討しているという人は、どこにすればいいのかわかりにくいと思います。

プロバイダの売り文句のどこをどう見て何を基準に選び抜けばいいのかわかりにくいと思うので、その選び方や根拠となる考え方を解説していきたいと思います。

WiMAXの選び方で一番見るべきところとは?

WiMAX選びにおいて最大に見るべきポイントというのは表面的な月額料金でもなく、ルーターの無料レンタルでもなく、キャッシュバックの総額でもなく、実質的な月額料金です。

実質的な支払額というのは、契約期間内に発生する毎月の月額料金になります。

キャッシュバックやその他の特典があれば、手元に戻ってくる金額として計算されて、相殺されます。

事務手数料にかかった費用や端末代などは実質月額料金に加算される計算になります。

実質的な月額費用は次のような算出方法で計算されます。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の計算方法から月額料金を計算してみると次のようになります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

上記のようにプロバイダによって基本的な月額料金や契約期間や特典の金額などが違ってきます。

なので、本当に得するかどうかは上記のような計算で合計金額を出してみないとわからないのです。

実際に上記の表をご覧いただければわかると思いますが、GMOとくとくBBとUQを比較してみると実質的な月額料金は1000円も違っていました。

なのでこうやって考えると、2年契約をすると実に2万4千円も差が開いてしまう計算になります。

主なプロバイダについての実質月額料金を比較しましたのでご覧ください。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

ギガ放題プランと通常プランでは何が違うのか?

ギガ放題プランと一般のプランでは簡単に説明すると月額料金と通信制限の有無になります。

ギガ放題プランだと毎月の通信制限などはなくて無制限に使い放題ですが、通常プランは月に7GBしかありません。

ちなみに、ここで通常プランと呼んでいるものはライトプランや7GBプランともいわれているので気をつけてください。

WiMAX本家のUQではギガ放題のみに移行しつつあります。これからはギガ放題プランのみに統一されていくことも考えられます。

後ほど解説していきますが、2021年の4月から開始されてWiMAX+5Gという、現行のWiMAXよりも高速通信が可能な接続サービスが存在しています。

WiMAX+5Gというサービスはギガ放題プラスとも呼ばれていて、5G専用のプランとなっています。

通常プランとギガ放題プランとも違っているのでプラン選びをするときは注意しましょう。

下記の表でも示していますが、最近の動画配信サイトや映画配信サイトやアプリなどの技術革新によって、普段のデータ量というのは格段に跳ね上がっていると思います。

なので、通信データ量はこれまでのシンプルなページのみのやりとりというのはほとんどありません。利用できる通信量というのは無制限であれば無制限なほどいいと思います。

なので、コスパ的に考えても一般的なプランを選択するよりもギガ放題プランの方がいいでしょう。というよりも一択といっても過言ではないと思います。

ですが、費用を極限まで抑えたいというひとや、利用目的がメールやサイト閲覧だけだったら通常プランだけでも十二分に足りると思います。

さらにいうと月額費用をなるべく抑えたいという人はWiMAXだけではなくてもいいというくらいです。

WiMAX以外にも、家の中でも外出先でもどこでも通信できるモバイル通信サービスというのはいくらでもあるので、安いところを選びましょう。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

上記のようにギガ放題プランの方がメリットが盛りだくさんとなっています。

ギガ放題と通常プランでは1000円程度しか変わりませんが、1000円でこれだけのメリットを享受できるのですからお得すぎるといえるでしょう。

私はギガ放題プランも通常プランもどちらも使ったことがあるので、とくに感じたことを列強しておきたいと思います。

1,スマホはいろいろなアプリが稼働しているから通信量が増えていく

2,制限を気にして思う存分に楽しめない

3,毎月の制限を超えた場合は小さい転送量で耐えるしかない

ちなみに、WiMAX+5Gにおいては、ギガ放題プラスというプランが用意されていますが、3日間で15GBの制限があります。

なので、5Gのエリアでなくても5G専用のギガ放題プランというものに入ることもできます。

端末は何を選べばいいのか?

WiMAXを利用するためには端末が必要になってきます。どこのプロバイダでWiMAXを契約したとしても基本的には選べる端末はほとんど同じです。

このプロバイダ専用の端末しか存在しないみたいな端末はありません。

どのプロバイダを使ってもWiMAXの端末は5種類くらい選択できますが、正直なところ何を選択すればいいのか迷ってしまいますよね。

プロバイダの中でも何種類か選べるモバイルルーターで現時点で一番おすすめなのがW06という機種です。

wx06という機種もありますが、バッテリーが長持ちするのと回線スピードの安定性などからW06に軍配があがりました。

モバイル端末の料金については、ほとんどのプロバイダでどれを選んでも無料となっています。

UQから直接WiMAXを契約しようと思ったら1万円以上かかってしまうのでプロバイダの方がお得ですね。

ここ最近になってWiMAXユーザーがプロバイダだけ乗り換えてモバイルルーターを同じものを使い回すことができるように、SIMだけのサービスもあります。

近年登場したばかりのモバイルルーターというのはバッテリーも大容量で、通信性能も安定していて、ずっと使い続けたいような構成のなものばかりなので、SIMだけもらって本体は使い続けたいという心理も納得です。

とはいっても、一つの端末を長年使用し続けていると、バッテリーの寿命が近づいてきていることもあるので、本体の端末を丸ごと交換してしまうのもありですね。

契約期間が定められている

光回線業者は皆一様に契約年数の決まりがあり、WiMAXも2年契約と3年契約があります。

契約期間の途中で解約すると違約金が発生してしまうので、一度2年や3年で契約すると、その年数を経ない限り無料で解約することができません。

現在のWiMAXの設定上は1年から3年までの契約期間があります。

プロバイダによって用意されている契約年数というのは違うので、自分がたとえば1年で契約したかったら1年規約が用意されているプロバイダを見つけて契約すればいいと思います。

業界のルールとして、長い契約期間であればあるほど、一ヶ月あたりの料金が安くなるようになっています。

途中で解約をしたとしても違約金が無料になるプロバイダも存在しているので、数ヶ月しか使わないような人はそういうところを選んでみてもいいですね。

なお、短期契約でWiMAXをお考えの人は、WiMAX自体を使わないで他の方法を採用するという手もあります。

ですが、短期利用でも安定的な回線を使いたい人はWiMAXがおすすめです。

安定した快適なネットじゃなくてもいいというひとはクラウドSIMなどのWiMAX以外のモバイルルーターもあります。

見た目の月額料金ではなく本当の月額料金を見る

光回線やモバイル回線のプロバイダでは、最初の3ヶ月くらいの月額料金を安く割引して、あたかも安いかのような宣伝をしている業者が多いです。

なぜこうしたことが起きるのかというと、プロバイダー業者によるユーザー獲得争いが激化しているからなんです。

一例としてWiMAXのプロバイダー業者であるカシモの月額料金を見てみると、1ヶ月目の月額料金が1380円となっていて、2ヶ月目以降は3610円となっています。

最初の月額料金だけでもしプロバイダーを決定したとすると、翌月には倍以上の金額になってしまうので注意が必要です。

もっというと、プロバイダーというのは2年や3年の契約期間があるので、その期間分の支払合計を見てみる必要があるのです。

競合他社をすべて含めて本当の安さを比較しようと思ったら、契約期間の月額料金から、特典の割引サービスなどを引いた本当の月額料金を割り出さなければなりません。

各社のプロバイダーのぱっと見の月額料金を見て一番安いと判断するのはもったいない決断です。

上記の項目で解説してきたように、月額料金とキャッシュバックや割引などをすべて合計した実質的な月額を考えて選ぶのが一番最善策です。

当サイトでは普通の月額料金からキャッシュバックや月額割引などの各種特典を差し引いた本当の月額料金で計算しています。

以上のようなことから、当サイトでランキングにしているプロバイダーというのは、本当にお得なランキングだといえるでしょう。

受取時期が短期のキャッシュバックを使う

ほぼすべてのWiMAXプロバイダーでは、キャンペーンとしてキャッシュバックという特典を支払っています。

キャッシュバックを実施しているプロバイダーに対する口コミの一例として、受け取り申請がめんどくさすぎて結局やらなかった…というものがありますが、これはごくごく一部の悪質な代理店だけなので安心してください。

一昔前はこういう悪質な長引かせるようなプロバイダーが跋扈していましたが、最近では悪評が広まってそういう悪質な代理店は淘汰されて今ではほとんど残っていません。

今はかなり健全化されていて、メールアドレスを登録しておくと、振り込みに必要な申請がすぐできるようになっています。

マイページにログインしてプロバイダーの画面からすぐにキャッシュバックキャンペーンの振り込み申請ができるなど簡単にできるようになりました。

さらに最近では現金のキャッシュバックではなくて、WiMAXの毎月の月額料金を大幅に値引きするというキャンペーンを打ち出しているところも多くなっているので、キャッシュバック申請すら必要なくなっているというメリットがあります。

本来であればキャッシュバックする予定だった金額をお客様の毎月のWiMAX支払料金から割引することにより申請手続きや振り込みの確認なども一切する必要がないので、こちらの方が人気のキャンペーンになってきているのです。

とはいっても、キャッシュバックというのは大きめの現金が手に入るのでプロバイダーの宣伝としてはメリットが大きいので引き続きやっているところもたくさんあります。

キャッシュバックを受け取った方が実質的な月額料金が安くなるパターンも多々あるので、そちらの方がいい場合もあります。

WiMAXを本契約する前に知るべきキャッシュバックの受け取り方法を解説しているので同時並行的にご覧ください。

最近では、キャッシュバックが振り込まれるまでの時期も早くなるように改善されてきています。

簡単に説明すると、今まではキャッシュバックを受け取るまでに半年や1年以上経過しないともらえなかったのですが、契約が完了してから2ヶ月後に振り込まれるようなプロバイダも増加傾向にあります。

こういうサービス精神の工場というのは、契約したお客さんもキャッシュバックを受け取り忘れにくいというメリットがあります。

以上のように、ユーザー目線で考えて改善しているプロバイダーもたくさんあるので、そういう企業努力をしているようなプロバイダーで契約するべきですね。

WiMAXのプロバイダーをランキング!

WiMAXのさまざまなキャンペーンなどから本当にお得なプロバイダーを比較しました。

ちなみに、プラン内容はギガ放題で算出してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

プロバイダーを比較するときに一番見るべきポイントとしては実質的な月額料金です。

プロバイダーによっては契約が終わって最初の数ヶ月だけ通常の半額だったりして、本当の月額基本料金が見えてこない場合もあるので、全体的な評価が必要になってきます。

今までも解説してきたように、月額料金を計算した上で、キャンペーンなどの割引を計算して、本当に支払う月額料金を見分けることが肝要となっています。

ちなみに、1年契約よりも2年契約の方が総額は大きくなりますが、毎月の料金に換算してみると長期の2年や3年の方が安くなるので、総額が安ければいいというものでもありません。

とはいっても、短い期間しか使わないような人は、解約料がかからないように短めの契約期間で最初から契約しましょう。

WiMAXプロバイダで一番おすすめのところ

WiMAXの現時点でもっとも実質月額料金が安くて超優良なプロバイダーを解説していきたいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部に上場しているビジョンという株式会社が運営営業している、昔からある会社です。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,条件ありで解約金無料

2,キャッシュバックで月額費用が安い

3,端末が届いた最初の月は無料になる

4,初月無料で事務手数料も無料!

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックや毎月の値引きキャンペーンなどあらゆる特典を用意している優秀なプロバイダーです。

GMOとくとくBBは最新機種の端末が無料でもらえて、ギガ放題プランが業界で一番安く使えるプロバイダーとなっています。

GMOとくとくBBは申し込みを完了してから、20日以内であれば違約金なしで契約を解除できます。

他にもモバイルルーターを契約完了した当時に発送してくれるというメリットもあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,高額キャッシュバックか月額料金値引きを選べる!

2,キャッシュバックの最高額は約3万円!

3,値引きキャンペーンを適用するとギガ放題でなんと月2849円になる

4,20日以内ならキャンセルできる

5,端末を即日発送してくれる!

第3位 カシモ

カシモはギガ放題プランを最初の月だけ1380円という格安で使えるので、最初にかかる費用を抑えたいという人におすすめです。

カシモはキャッシュバックキャンペーンをしていませんが、ギガ放題の月額料金が安くなっています。

他には、端末であるモバイルルーターを即日発送してくれています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,WiMAXのギガ放題プランが初月1518円で利用可能

2,初期費用が安めになっている

3,WiMAXのモバイルルーターを即日発送

4,U-NEXTの見放題プランが1ヶ月無料

第4位 DTI

DTIのメリットとしては、契約開始後2ヶ月は無料で使えるところですね。

最初にかかる費用をできる限り少なくしたいという人は、とてもいいのではないでしょうか。

ですが、マイナス面として通常プランの手数料が5000円かかるようになっていて、他のプロバイダーよりも2000円も高くなっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEのメリットといえばなんといっても1年という短期契約が可能なところではないでしょうか。

キャッシュバック自体も本契約をしたらすぐに受け取ることができますし、途中で解約したときの解約金も1000円しかかからないので、他のプロバイダーにはない強みがありますね。

デメリットとしては、他のWiMAXプロバイダーが無料でお客様に譲っているモバイルルーターの端末が毎月800円かかってしまいます。

WiMAXを申し込んでから実際に契約するまで

WiMAXの契約から回線が使えるようになるまでの流れやステップはどのプロバイダー経由で契約してもほとんど変わりません。

1,プロバイダーのサイトで申し込みボタンをクリックする

2,WiMAXのプランを選択します。ギガ放題プランと通常プランがあります。

3,次の画面で端末を選択することができます。オプションは自由です。

4,契約者の個人情報を入力しましょう。名前や住所など。

5,WiMAXでの支払に使う方法を選択。クレジットカードか振り替えか。

6,個人情報が入力し終わったら、2,3日で端末が到着してすぐ使えるようになります。

簡単に説明すると上記のようなステップを踏んでいくことになり、実に申し込んでから1週間もかからずにインターネット環境を手に入れることができます。

圧倒的に短期間でインターネット環境を手に入れられるのはどの光回線やADSLよりもメリットだといえるでしょう。

また他にも、UQとの契約をすることによりショップに端末があれば、即日ネットに接続することも可能です。

WiMAXを家電店で申し込むともったいない

電器屋さんでWiMAXを契約するのは、大手のプロバイダーと比べてかなり損してしまうので絶対にやめておいた方がいいでしょう。

家電量販店で申し込みをしてもキャッシュバックなどはほとんどなく、あえてそこで契約する必要もないかと思います。

大手のプロバイダーと家電量販店の実質月額料金を具体的に比較してみると差が一目瞭然だと思います。

当サイトでも解説してきたように、WiMAXの回線自体はどこのプロバイダーから契約しても変わらないので、キャンペーンなどを活用して実質的な月額料金がとにかく安くなるようなところから契約するべきなのです。

電器屋さんからWiMAXをたとえ申し込んだとしても、実店舗ならではのメリットなどはほとんどありません。

WiMAXが発売された当時は家電量販店でWiMAXを契約することにより、そのお店の商品券がもらえていたりするキャンペーンもありました。

ですが、現時点ではこういった特典はほとんどなくなってしまい、家電量販店でWiMAXの契約をする利点というものはほとんどなくなっています。

さらに、家電量販店でWiMAXを契約すると基本料金やサービス内容などはUQWiMAXと全く同じとなっているので、キャンペーン以外でも得することはありません。

とある家電量販店では特定の商品のみ割引をしてくれるようですが、プロバイダーのキャッシュバックと比べると天と地ほどの開きがあります。

家電量販店で対面で解説を受けながらWiMAXを契約するメリットがあるといっているサイトもありますが、正直言ってしまうと家電量販店の店員にWiMAXや光回線などに詳しい人はほとんどいません。

営業トークで表面的な知識しかないと思うので、なんらかの説明をしてもらったとしても信じ込まないで自分で客観的に比較した方がおすすめです。

UQの店舗でも契約するともったいないです!

UQWiMAXの実店舗があることを知っている人は数少ないと思います。格安のスマホを販売しているUQモバイルの店舗があります。

UQスポットではWiMAXの契約をすることもできるので、家電量販店みたいに対面でいろいろな解説をしてもらえます。

UQスポットでのWiMAXの契約は家電量販店と同様おすすめできるものではありません。

UQスポットの店員がいろいろWiMAXについて解説してくれるという利点はありますが、月額料金的にはほとんどメリットがありません。

まず大前提としてUQWiMAX自体がプロバイダーとして活躍していないので、お得な割引キャンペーンなどをほとんど実施していないのです。

たとえば、UQWiMAXと一番得するプロバイダーの実質的な月額料金を比較すると年間で1万円以上もの開きがあるので、長い年数契約するとそれだけ損する計算になります。

UQのお店のメリットは一応あります

UQの店舗でWiMAXを契約した場合は、WiMAXの端末がお店においてあれば即日持ち帰って使うことができます。

モバイルルーターの端末さえあれば、どのタイミングでもネット環境が手に入るので、いち早く使うことに重きを置いている人はUQスポットで使ってみるのもいいと思います。

しかし、上記で解説してきたように、UQモバイルの実店舗というのはキャンペーンなどもやってないのでおすすめしません。

ですが、WiMAXプロバイダーのGMOとくとくBBやブロードWiMAXでは即日発送にも対応しているので、時間をかけたくないという人はこちらのプロバイダーをおすすめしています。

キャッシュバックを受け取るまでの流れ

少数のプロバイダーで行われている、キャッシュバックキャンペーンは基本的に自分で受け取り申請をしなければなりません。

基本的にはキャッシュバックは継続的に使ってくれることが基本条件になっているので、決められた継続期間が過ぎた頃にメールなどでキャッシュバックの連絡があります。

プロバイダーでキャッシュバックキャンペーンを受け取るためには、会員ページにログインして、そのページで振込口座などを登録して申請手続が完了します。

メールでの受信や会員ページでのチェックが必要で、不明なことがあればプロバイダーに聞いてみましょう。

ギガ放題プランの速度制限とは

ここではWiMAXの3日で10Gというデータ通信量の制限について解説していきたいと思います。

WiMAXには通信制限があると思われていますが、実際は3日で10Gの通信制限が行われる時間帯は夕方から深夜までなので、日中はそもそも制限がかかっていません。

さらに、通信制限された速度でもダウンロード速度が1Mbpsもあるので、メールやテキストベースのサイトなどは全く停滞なく見ることができますし、動画も見ることができます。

そもそも、ギガ放題プランの制限である10GBというのはどれくらいのサイズかわかっている人はあまりいないのではないでしょうか。

動画で言うと、youtubeのスタンダードな画質で閲覧すると50時間分くらいは見える計算になります。

youtubeの5分間の動画を実に500回以上は見られる計算になります。

ですが、最近のyoutube動画は5分区切りのものはあまりなく、10分くらいのものが多くなってきています。

5分間の動画で500回以上視聴できるのですから、10分間の動画になると単純計算で250回くらいになり、3日間の制限なので1日あたりに換算すると80回くらいになります。

WiMAX+5Gなら3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ邦題プランよりも5ギガバイトも通信量がアップしています。

WiMAXをいずれ使ってみたいけど通信制限が気になっているという人は、エリアの中でなくても5Gで契約することにより3日間で15GBも使えるようになりますので検討してみてもいいかと思います。

実際問題として制限はなし!

WiMAXのギガ放題プランの3日で10GBの制限は月間になおしてみると100GBにしかならないと思っている人は多いのではないでしょうか。

これには裏技というかそういったものがございまして、制限がかかる時間帯は夕方の6時から深夜の時間帯までなので、1日100GB使おうが500GB使おうが、制限がかかるのはこの時間帯だけとなっています。

以上のようなことから、やろうと思えばいくらでも通信量を増やすことが可能で、月間に300GBでも1000GBでもいくらでも可能なんです。

WiMAXの制限がかかってしまったら、自宅の回線を使って回避してみたりすれば、いくらでも使い勝手が広がります。

そもそもWiMAXの通信制限がかかったとしても、1Mbpsもありますから、メールのやりとりやテキストサイトなどは余裕でスマートに閲覧することができます。

とはいっても、何ヶ月も何百ギガバイトも通信をしているとWiMAXの回線元であるUQに目をつけられてしまうこともありますので、何GBでも使えるからといってやり過ぎないようにしましょう。

WiMAXにつけられるオプションとは

ある程度の必要性に応じていろいろなオプションに加入してみるのもいいと思います。

しかし、ネット環境に慣れていなかったりパソコンに慣れていない人は端末保証はつけておいた方がいいでしょう。

次の表はUQでのオプション加入ができるものになっていますが、そこにプラスしてプロバイダーでのオプション加入もできるようになっています。

WiMAXのオプションによくあるのは、動画や音楽などのエンタメ系とセキュリティサービス系に大別されます。

回線系のサービスのオプションは自分で直感的に決めるのがいいと思います。いらないと思ったら余計な出費を抑えられるでしょう。

WiMAXとauは相性が抜群!

WiMAXはUQコミュニケーションズが回線サービスを提供しているので、どこのプロバイダーから契約したとしても条件を満たすことができればauのスマホの月額料金が安くなります。

ここで解説していくのはauスマートバリューという割引サービスになります。

ウルトラギガマックスと呼ばれるサービスはUQのスマホとWiMAXをダブルで申し込むことにより500円の割引になります。

この割引が適用されるのはUQモバイル側のスマホになります。

auのスマホを契約しているのであれば、必ず契約しておいた方がいいスマートバリューというものがあります。

auで契約したスマホやガラケーを使っている間は永続的に割引が適用されます。

auスマートバリューとは、auのスマホを持っている人がGMOとくとくBBをセットで契約すると、現在使っているauのスマホ利用料が毎月1000円も割引になります。

現時点でauと契約しているプランによって差がありますが、最低でも500円から最高で1000円までの割引が適用されます。

今現在auのスマホを持っている人はWiMAXを契約するときは必ず使いましょう!

WiMAXの違約金は契約期間によって変わる

WiMAXで契約できる縛り年数というのはプロバイダーによって違って、1年契約があるところもあれば3年契約のところまでさまざまなプロバイダーがあります。

解約ができる月での解約でないときは、違約金がかかってきてしまうので、契約するときに頭に入れておきましょう。

次の一覧表は、契約開始を1ヶ月目としたときに途中解約したときの解約金の一覧表になります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを契約するときは自分がどのタイミングで解約するのかをある程度想定を立ててスマホのカレンダーなどに登録しておきましょう。

WiMAXを解約するときの方法について

プロバイダーによって解約方法は違ってきますが、ほとんどの場合で次のような方法になります。

プロバイダーのマイページからの解約手続きか、プロバイダーに電話をかけての解約手続き

プロバイダーの解約手続きをするときは他のプランに入りませんかという提案があります。

また他にも途中解約をするときは、途中解約の解約金がかかりますよという解説もあります。

最近流行りのテレワークでWiMAXは活用できるか?

スカイプやズームを使ったオンライン会議は自宅から使っている会社員が多くなっています。

在宅勤務だけではなく、カフェで仕事をする人も増えているので、WiMAXがテレワークに活用され始めています。

喫茶店や漫画喫茶や駅などのフリーWi-Fiで接続するとセキュリティの脆弱性からパスワードやIDなどがもれてしまう可能性も否めません。

WiMAXなら自分だけが接続できる絶対に安心な接続システムなので、そういった観点からWiMAXを契約し始めている人も増えています。

では、WiMAXがそもそもテレワークに耐えうるかということですが、次のようなポイントがあります。

ネット回線のスピードや安定的な接続はできるか、通信量の制限にかかってしまうのではないか、という問題点などが考えられます。

以上のようないろいろな要素がありますが、WiMAXを使ったらこれらの問題についてクリアできるかどうかについて解説していきましょう。

WiMAXはそもそもモバイル回線の中で基地局が圧倒的に多くありますので、ある程度の市町村なら安定した接続もできますし、ビジネス利用も使いやすいと思います。

WiMAXは基本的に、他のモバイルインターネット回線と比べて、回線のスピードだけではなく安定性もあります。

なので、モバイル系の通信サービスを利用するなら、WiMAXが一番おすすめです。

WiMAXを使うときは、自分の住んでいるエリアで使えるかどうかをチェックしてからレンタルをして見てもいいかもしれません。

スカイプなどを使って、オンライン会議をする人は通信量の制限が気になる人も多いと思います。

WiMAXならギガ放題プランの制限は夕方6時からのみになっているので、日中の会議の制限などはかからないでしょう。

ズーム会議などをやるときも解像度や画角などを小さくしておけば、通信量の増大を抑えることができます。

オンライン会議以外の場面でもあらゆる活用方法があります。

大学性や専門学生であれば、オンライン授業でWiMAXを使うこともできるでしょう。

オンライン配信などで塾の内容を配信している塾などは、家でも外でもWiMAXで視聴して勉強することができます。

また、引っ越したばかりでネット環境が整っていなかったとしても、WiMAXなら当日から高速のネット環境が整っていますし、ルーターとして各部屋の端末をすべてつなげることも可能です。

WiMAXで一番使えるモバイルルーター

最近にWX06という最新の機種が発表されたものの、若干の違いだけで、一番主流の機種W06とほとんど違いはありません。

モバイルルーターを選ぶコツとしては、回線速度が重要なので、W06の方がいいでしょう。

モバイルルーターW06の最高速度は1.2Gbpsくらいとなっていますが、この接続方法はUSBでパソコンに接続した場合なので、普通に使ったら数百Mbpsくらいになりますが、十分なスピードだと思います。

また、W06の方が回線が安定していて速いので、早さ重視なら断然W06の方がおすすめですね。

一番おすすめのホームルーターとは

WiMAXは上記のようなモバイル端末の他にも据え置き型のホームルーターを選ぶことができます。

自宅で高速のネット環境を手に入れたいけど、光回線みたいな工事が必要なのは嫌だという人におすすめです。

ホームルーターがモバイル端末と大きく異なる点を解説していきたいと思います。

ホームルーターは持ち歩くように設計されていないので、ACアダプタで接続して据え置きで使うようになっています。

また、アンテナがしっかりと付いているので、モバイル端末よりも安定的に高速通信が可能となっています。

一般的に、モバイル端末は手元に持ち歩いて使用しますが、ホーム端末の場合は、部屋の片隅に置いておきます。

上記のようなことから、基地局から離れていたり、パソコンやスマホから離れていても接続しやすいようになっているのです。

今現在一番おすすめのホームルーターは最新のHOME02がおすすめです。

回線スピードや安定性だけではなくて、デザイン性も優れているので、いろいろな視点から見たコスパ抜群だといえるでしょう。

ホームルーターかモバイルルーターどっちが使える?

では、これまでに解説してきたモバイルルーターとホームルータは結局のところどちらが優秀なのでしょうか?

それぞれのルーターの利便性やメリットデメリットなどについて解説していきたいと思います。

モバイルルーターのメリットはなんといっても、外でもどこでも高速WiMAX通信が可能になるということですね。

ホームルーターはアンテナがしっかりとしたものが搭載されているので、接続性が高く、回線スピードも速く、ACアダプタなのでバッテリの減りなどを一切気にする必要もないところが優れています。

いろいろなメリットをあげ連ねてきましたが、簡潔に言うとモバイルルーターの方が持ち運びができるのでおすすめです。

ホームルーターは外で利用することができませんが、モバイルルーターはもちろん外での利用もできますし、家の中でもクレードルを使うことにより据え置きタイプのように使えます。

モバイルルーターでも充電しながらクレードルを使って据え置き型として使うことにより、ホームルーターとしての役割を満たすことができるのです。

LTEのハイスピード+エリアモードを使いこなす

WiMAXにおいて、LTEオプションはauの4Gネットワークを利用する、ハイスピード+エリアモードによる接続となっています。

WiMAXでつながりにくい場所で使えるサービスです。

そもそも、スマホの電波とWiMAXの電波は通信方法が異なっているので、WiMAXがつながりにくいところでもauのLTEなら接続しやすいというメリットがあります。

そもそも、auのLTEはWiMAXと共有しやすい800Mhzの電波となっているので、接続しやすい環境となっています。

WiMAXが3年契約なら、すべてのプロバイダーで月に1000円が無料で使えます。

月間で7GBのデータ量の制限がありますが、WiMAXで接続しにくい田舎などでは積極的に使いたいですね。

とはいっても、auのLTEで7GBの制限に達してしまった場合はWiMAX2+の制限もかかるので意識しておきましょう。

実際のWiMAXのスピードについて

利用者が一番気になるのは、WiMAXのリアルな通信速度だと思います。

サイト上ではいろいろなデータを公開していますが、いざ自分が使ったときのリアルな数値がしりたいですよね。

そもそもWiMAXの理論値としては以下のような数値になっています。

上記のデータを踏まえて実際の速度はどうかということですが、私が使っている速度はだいたい50Mbpsくらいは安定的にでています。

そもそもとして、WiMAXの回線速度はいろいろなファクターに影響されます。代表的なものでいうと、時間帯、地域、端末などがあります。

また、近年ではWiMAXの契約者数増加にともなって、基地局も増えてきているので、ますますWiMAXの回線速度や安定性が上がっていることは間違いないでしょう。

WiMAXと光回線のどちらをとるか?

ここではWiMAXと光回線の違いを解説していきたいと思います。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

光回線などの固定回線とWiMAXはポイントは全然違いますが、ネットに高速接続するという観点に関しては同じですよね。

自分が構築したいネット環境の理想に合わせた回線を選ぶのが一番だといえるでしょう。

WiMAXはIEEEの通信規格にもなっている

WiMAXは世界の通信規格にもなっている技術で標準化されています。

WiMAXは英語の略の頭文字をつなげたものであり、無線での高速通信を提供するために作られています。

WiMAXというのはそもそもとして、田舎地域での基地局からとどかない住宅に住んでいる人へ向けた無線サービスとしての誕生が色濃かったのです。

WiMAXは日本以外では使えないと思っている人も多いと思いますが、昔は世界でも使える可能性があったのです。

WiMAX2+となった時点で日本だけが独自の路線を走るようになってしまって、日本でしかWiMAXが提供されなくなってしまったのです。

ちなみに、日本以外の国で使うにはWiMAXの機能が搭載されたノートパソコンなどでしか使うことができません。

WiMAXと他社のモバイルサービスとの比較

WiMAXと似たようなサービスのワイモバイルとクラウドWi-Fiについて解説しています。

一番最初にチェックするべきポイントとしては、回線スピードと制限量になります。

WiMAXとワイモバイルはほとんど同じサービス内容、クラウドWi-Fiは使う人の目的で違ってきます。

WiMAXやワイモバイルは広帯域の動画やエンタメなどのコンテンツが使いやすいサービスとなっています。

それに対して、クラウドWi-Fiは無制限で使えますが、回線速度が遅いのでメールなどの簡単な用途に関してのみ使えるといえるでしょう。

フールーやネットフリックスやハイビジョンのゲームなどをする人は、クラウドWi-Fiは不向きだといえます。

また他にも、クラウドWi-Fiはサービスを開始したばかりですし、安いサービスなので、回線が不安定になりやすく接続できなくなったりする障害も発生しやすいです。

デザリングよりWiMAXの方が圧倒的に優れている

WiMAXをわざわざ契約しなくても、手持ちのスマホでネットにつなげばいいんじゃないかと思っている人もいるかと思います。

デザリングではなく、WiMAXからネットに接続する大きなメリットはなんなのでしょうか。

デザリングというのはそもそも携帯電話を介して、携帯会社のネットワークからインターネット環境を手に入れる方法となっています。

タブレットやノートパソコンをスマホを経由してインターネット環境に接続することができるようになります。

デザリングのオプションに加入すると、スマホ自体のネット接続にくわえて、パソコンなどの機器をスマホのデザリングを使ってネットに接続できます。

スマホのデザリングでネットに接続するのと、WiMAXでネット環境を手に入れるのとではほとんど機能的には同じです。

デザリングよりWiMAXの方がすごい理由

スマホからのデザリング接続よりもWiMAXでネットに接続した方がいい理由としては次のようなポイントがあります。

ポイント1 デザリングは携帯会社の通信量制限がある。WiMAXなら使い放題。

ポイント2 WiMAXは接続がしやすい。デザリングは手間が面倒なことが多い。

ポイント3 携帯会社のデザリングは余計な費用がかかってしまう可能性がある。

以上のようなことから、ゲームやノートパソコンなどを接続するなら、ダントツでWiMAXがおすすめです。

通信量を制限したいときは、スマホ自体をWiMAXで接続するという手もあります。

そもそもとして、デザリングはサブ的な機能なので、緊急事態が発生したときのみの接続方式だと思った方がいいでしょう。

WiMAX+5Gとは?

2021年からWiMAX+5Gが開始されて、それにともなってだんだんプロバイダーが増えていっています。

WiMAXの端末は5G専門でサムスンのモバイル端末と、ZTEのホーム端末の2つの端末があり、ダウンロード速度2.7Gbpsという速度が出ます。

WiMAX+5Gの理論値のダウンロードスピードは、WiMAX2+の倍となっています。

WiMAX+5Gの3日間制限も15GBとなっていて、WiMAX2+よりも5GBも増強されています。

WiMAX+5Gのプランはどれくらいの金額なのか

WiMAX+5Gの料金プランはUQにおいて最初のキャンペーンを利用すると、2年契約で毎月約4300円で利用できるようになっています。

WiMAX+5Gで進化しているのにもかかわらずWiMAX2とほとんど同じような値段で使えるのが出始めたばかりのメリットだといえるでしょう。

WiMAX+5Gには一般的なプランがないので、WiMAX2のバージョンアップ版の、ギガ放題プラスというプランがあります。

WiMAXの5Gは出たばかりだけど端末は使いやすいのか?

WiMAXの5Gでは、WiMAX2にはない専用の端末が用意されています。

モバイルルーターのサムスン製の端末と、ZTE製のホームルーターがあります。

まだ5Gのサービスが出始めたばかりですが、これから端末が続々と増えていくと思われます。

WiMAX2+の端末と5Gの端末はほとんど大きさやサイズは変わりません。

問題点としては、プロバイダーから5Gの端末を購入しなければならないので、実質的な月額料金に端末代が加算されてしまいます。

WiMAX+5Gは通信制限が3日で15GB

WiMAX2+の通信量制限としては3日間で10GBというものがありますが、月間での制限はありません。

WiMAX+5Gでは月間のでの縛りはなく、WiMAX2と同じ制限となっています。

WiMAX+5Gは3日間での制限が15GBとなっています。

またさらに、LTEとしての月間制限が7GBとなっていましたが、WiMAX+5Gは15GBとなって、8GBも増量されています。

制限適用についてですが、3日間で15GBを超えた場合は夕方6時から制限がかかります。

朝から昼のビジネスシーンの時間帯には制限がかからないので、ズーム会議やスカイプ会議などにはもってこいだといえるでしょう。

実際のところ5Gの通信速度はどれくらいなのか?

WiMAX+5Gの回線スピードは理論値で最大2.7Gbps、サムスン製のモバイル端末でも2.2Gbpsというスピードになっていて、現行のWiMAX2よりもかなり速いスピードとなっています。

現行のWiMAX2の最先端の端末であるW06で接続した最速スピードは1.2Gbpsとなっていますが条件があります。

一般的な接続方法でWiMAX2をモバイル端末で接続すると約700Mbpsくらいだといわれていますが、これに比べるとWiMAX+5Gの速度がとんでもない高スピードだということがわかりますね。

WiMAX+5Gと通常のWiMAXを比較

現在のWiMAX2と、新サービスのWiMAX+5Gではどれくらいなにが違うのでしょうか。

WiMAX+5Gの一番のポイントとしては、5Gの回線網に接続できることと、制限が15GBになったところではないでしょうか。

WiMAX2の理論値は1Gbpsくらいですが、5Gの理論値は2Gbps以上あります。

料金プランはUQではほぼ同じ価格となっていますが、モバイルルーターの料金が5千円くらいアップしているので、実際はその料金分だけ高くなるという計算になります。

WiMAXの5Gの月額料金を比較!

WiMAXの大本のUQ以外のプロバイダーのWiMAX+5Gのサービス提供具合は、まだまだこれからという感じですね。

WiMAX+5Gのプロバイダー各社のスペックについていろいろとまとめましたので参考にご覧ください。

UQと同一くらいのプランで提供しているところに、ヤマダ電機やヨドバシカメラやビックカメラなどがあります。

次の一覧表は、WiMAX+5Gの割引などを使ったあとの料金を示しており、契約年数から総額料金を割った「実質的な月額料金」を示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

WiMAX+5Gの一番お得なプロバイダーとは

WiMAX+5Gを提供しているところは現状まだ少ないですが、以下のようなランキングになっています。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONはキャンペーンなどを駆使すると実質的な月額料金が業界最高峰にお得になります!

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

実質的な費用という点においてはカシモがかなり優秀なプロバイダーでしょう。

なお、UQや家電量販店で5Gを契約すると端末代金がかかってしまいます。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはなんとレンタルもできます!

トライWiMAXは賄MAXを本契約する前に、約2週間くらい無料でレンタルできるお試しサービスになります。

WiMAXの契約年数はほとんどプロバイダーで2年か3年となっています。

上記のような理由から、一度契約してしまうと解約可能期間にならない限り有料料金での解約となります。

三大スマホキャリアみたいに必ずつながる保証はないので、一度試しに使ってみるのもいいですね。

次のような条件の人はトライWiMAXがおすすめです。

1,WiMAXの圏内に入っているけど密接した住宅地帯だからつながるか不安な人

2,理論値でいわれているような回線の安定性があるかどうかを試したい人

3,パソコンからの利用だけではなくて、ゲーム機や家電などにも接続可能かどうかを確かめたい

なお、GMOとくとくBBでもトライWiMAXがあります。

GMOとくとくBBは20日以内なら返品解約ができるので、回線が遅かったとかいう場合は解約料なしで返品することが可能となっています。

GMOとくとくBBなら安定的な通信が確保できたらそのまま継続的に使用できるので便利ですね。

個人契約と法人契約の違いとは

WiMAXを契約するときは、法人契約か個人契約かでいくつかの種類があるので解説していきたいと思います。

一つ目の違いは契約方法が違います。2つめは契約にかかるキャンペーンの内容、3つめは支払い方法です。

まず最初の契約の流れとして、WiMAXのほぼすべてのプロバイダーで見積もりをしてから申し込みをして、本契約をして、支払、という形になっています。

ほぼすべてのパターンとして、個人契約のように1代の契約ではなくて、大口の契約なので、まず最初に見積もりを取る必要があるのです。

さらには、個人と法人では窓口が違うので、法人向けの窓口から見積もり依頼を出すことになります。

見積もりが終わって本契約が完了したら支払をしてすべての作業が終わります。

法人契約で月額割引キャンペーンが用意されている

法人契約をするときのキャンペーンはプロバイダーによって違います。

たとえば、GMOとくとくBBの場合は、法人契約の時のキャッシュバックはありません。

代わりといっては何ですが、法人の場合は月額割引が用意されているので、かなり安く大量に契約することができます。

なぜ法人契約でキャッシュバックがないのかというと、台数が多いので複雑になりすぎてしまうからなんです。

法人契約での支払い方法と個人契約での支払い方法の違いですが、個人はクレカだけとなっています。

法人での支払い方法は、口座振替や請求書払いなどの支払い方法から選ぶことができます。

WiMAXの総評

当サイトではWiMAXについてここまで、端末の善し悪しから、光回線などの固定回線とのスピードの比較、細かい機能などについて多角的に検証してきました。

当サイトをここまで見ていただいて、WiMAXのコンセプトや、どういうときに一番利便性がよくなるのか、などなど理解していただけたのではないでしょうか。

最後に総まとめとして、当サイトで一番おすすめのプロバイダーを紹介しておきます。

すべてを踏まえて最高峰のプロバイダは「VISION」

一番コスパが最強で得するプロバイダーはダントツで「VISION」です!

VISIONをおすすめするポイントは以下になります。

1,表面的な月額ではなく、実質月額が一番お得!

2,モバイルルーターが最速で届くからすぐ高速インターネット通信ができる

3,最新鋭のモバイル端末が最安もしくは無料で使える!

4,他者からの乗り換え時がお得に使える

メリット

ポイント1 3年契約の場合は実質月額が3800円

ポイント2 初月の日割りが無料

ポイント3 違約金がほぼ無料!

[487行目]

[488行目]